ゾンビマニアクラブ

ゾンビ系を中心に、様々なドラマや映画のレビューを書いていきます

[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン5>第7話「救出作戦」

2015/10/01

総評

80点。ホント、神父さんの行動理解できない。リックは過激。キャロル助かって!!そして、ワシントン行きメンバーはいい感じに立ち直れて、結束力が上がってよかった!

第7話「救出作戦」あらすじ

アトランタ市内から戻ったダリルから、キャロルとベスのことを聞いたリックたち。2人を救うためにグレイディ記念病院へと向かう。教会に残されたゲイブリエルは、まだ教会で起きたことを受け入れられずにいた。一方、世界を救えるというユージーンの言葉がウソだったと知ったグレンたちは途方に暮れていた。ユージーンはエイブラハムに殴られて気を失ったまま。殴ったエイブラハムは目的を失い、絶望したまま動けずにいた。

FOX インターナショナル・チャンネルズより

ネタバレ感想

教会を要塞化し、カール、ジュディス、ミショーン、ゲイブリエル(神父)を残し、リック達はキャロルとベスの救出に向かう。人質交換するために警官を捕らえる。ベスはキャロルを助けるため奮闘する。ワシントン行きメンバーは、立ち直り結束力を強める。

病院のベス

一度は医者を殺そうとしたものの、キャロルを助けようと奮闘する。ドーンがなんだかんだでベスのために便宜をはからってくれたんだけど、なんでだろう?ドーンは何を考えてるの?本人はベスを見直した。みたいに言っているけど、そんな簡単には私信じられないよ?

教会のお留守番

教会を要塞化し、お留守番しているメンバーは、カール(リックの息子)、ジュディス(リックの娘)、ミショーン、ゲイブリエル(神父さん)。

神父さんは、床にしみついた血痕を爪でとろうとしてるけど、まだ現実受け入れないのかな。そういうものなのかな。神父というだけあって、キリスト教徒だったマギー一家とは違うのかな。
この神父さんの行動がさっぱりわからんわ。
なんで要塞化しているところから、穴掘ってまでして、わざわざ抜け出してるの?

関連記事:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド5の神父ゲイブリエル:その行動と感想まとめ

ワシントン行きがダメになったメンバー

エイブラハムは立ち直れず、ユージーンは気を失い、マギーが看病。
グレン、タラ、ロジータが水を集めに。水の濾過をロジータがやるんだけど、ユージーンから教わったって言って。でも、みんな、今まで水の濾過ぐらいしてきたんじゃないの?してこなかったの?

魚はっけーん!グレンは水の濾過はできなくても、知恵がある!ウインドブレーカーを切り裂いて網作っちゃったw

ユージーンが目覚めて、呆然としていたエイブラハムも水を飲んでくれてちょっと安心した。
タラの見つけたいいものは、「ヨーヨー」w

このメンバーはいい感じに解決したみたい♪

救出作戦メンバー

リック、ダリル、サシャ、タイリース、ノアが救出に向かう。
作戦会議中、リックは武力で制圧することを計画するけど、タイリースお兄ちゃんは反対。パトロールに出た警官を捕らえ、人質交換することを提案。

リックはホント過激。タイリースお兄ちゃんやダリルがいなかったら、どうなることか。
囮のノアに車ぶつけて捕らえる警官達も過激だよね。

で、元避難エリアのウォーカー達がホントきもい。ぐろい。直視するのがきつかったなぁ・・・
道路にへばりついて、ホントかわいそう。

サシャはボブという名のラムソン巡査部長(ノアがいうにはいい人)に同情して、避難エリアにいるウォーカーになった彼の同僚にトドメを刺そうとするけど、騙されただけで・・・ホント、初めて会った人は信用できない!!

ウォーキングデッド シーズン5のおすすめ視聴方法一覧

参考

-ウォーキング・デッド シーズン5