ゾンビマニアクラブ

ゾンビ系を中心に、様々なドラマや映画のレビューを書いていきます

[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン5>第9話「弔いの帰郷」

2015/09/20

総評

100点。騙されたー!!!!そして、涙止まらんー><!!今まで観てきたウォーキングデッドで、一番面白く、一番悲しかった回。ネタバレ読むのはお勧めしません。

第9話「弔いの帰郷」あらすじ

アトランタの病院でベスを失ったリックたちは失意の中、ノアを連れバージニアのリッチモンド郊外にある彼の故郷へと向かう。壁に囲まれたその町には、ノアの家族たち約20人が安全に暮らしているはずで、この町に行くことが亡きベスの望みでもあったからだ。車で道を進む中、それぞれが自分のやってきたことは正しかったのか、何を間違ったのかを思い悩んでいた。町に到着し、念のため徒歩で近づき門の外から様子をうかがうが…

FOX インターナショナル・チャンネルズより

ネタバレ感想

皆でノアの故郷へ向かう。だがそこは生きている人間はもういなかった。泣き崩れるノアをタイリースに任せ、リック、ミショーン、グレンが物資調達へ。ミショーンはこの町にとどまろうと提案。リックはワシントンへ向かうことを決意。ノアが自分の家へ行き、家族の末路を目の当たりに。ノアの家族にかまれるタイリースは死亡。

いやぁ・・・騙された。清々しいくらい騙された。

最初の映像は誰の思い出?ベスの埋葬から始まった(と思ってた)
ベスとの思い出から、ベスが行きたがっていたノアの故郷へ行くために、ノアにフォーカスが渡った(と思ってた)
あの、キャロルが殺した姉妹も出てきて、あー。後半が始まったから、少し総集編なのかな?(と思ってた)

CDを割るグレン

なんでCDを割ったんだ?て思っていたけど、ワシントンに行くことを決めた自分を責めているのでしょうか。もし、ワシントンへ行かなければ、マギーとベスは生きて一目会えたかもしれない、と。

ノアには難しかったか

ハーシェルは足をすぐさま切り落としたことで、変異せずにいきのびれたんだけど、ノアはみんなを探しに行ってしまった。もしすぐに対処できていたらなんとかなったんじゃないかと悔やまれます。

なんか変な死体がいっぱい

ミショーンは落ち着きたがってるのかな。なんか変わったよね。この町が無理でもワシントンに行きたいと言い出すし・・・
この町に残るのを諦めたのは、死体がいっぱいなんだよね。なんか、死体がバラバラにされているのよね。綺麗にバラバラに。
あと、Wって書いてあったりするのよね。額に。
悪趣味なウォーカーばかり。

そして、私の大好きなタイリースお兄ちゃんが亡くなった

「生きる義務としてニュースを聞き逃すな」「生きる代償として、凄惨なニュースも聞き、現実を受け入れていた」

幻想。ラジオ。
殺さず皆に嘘をついて生かしておいた帽子の男。「僕を殺していればボブは助かったかも」と。
ボブは否定。もう既に噛まれていたんだから。
代償を払えと総督。
これでいいというキャロルと埋葬した姉妹。
いいわけないと総督。
歌うベス。

もうだめ。。。もう私涙ぼろぼろだ。。。
この思い出は、タイリースお兄ちゃんのだ。。。

タイリースお兄ちゃんには死んでほしくない!!死んでほしくないんだ!!

終わりじゃない。終わりじゃないんだって反抗するタイリースお兄ちゃん。
そうだ、タイリースお兄ちゃん。がんばって!生きるのを諦めないで!!!
もうすぐリックたちがつくから!!

俺のような人間も生きていける。今日は誰も死なない

そうだ!タイリースお兄ちゃんは死なない!死んじゃいけない!!!

リックきたー!!!
お願い助かって!!!!

車に乗り込み、キャロルたちの元へ向かう中、ラジオを聴くタイリースお兄ちゃん。
「ラジオを切ってくれ」というと、いいの?もういいのよと車に乗っているのはリックたちじゃなく、死んだ仲間たち。

車が停車し、あぁ・・・あれはベスの埋葬じゃなかった・・・

タイリース兄ちゃん、俺のような人間も生きていける。今日は誰も死なないって言ったじゃんかよーーー!!!!
エンディングは穴を埋める音・・・

そういえば、タイリースお兄ちゃんもよく穴掘っていたな、と。

私が一番応援していた方が亡くなり、ショックを受けてしばらく呆然としておりました。
はぁ・・・お兄ちゃんのような心優しい人間は生きていけないのだろうか。

ウォーキングデッド シーズン5のおすすめ視聴方法一覧

参考

-ウォーキング・デッド シーズン5