ゾンビマニアクラブ

ゾンビ系を中心に、様々なドラマや映画のレビューを書いていきます

[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン5>第14話「見捨てない」

2017/09/10

総評

92点。今回、グロがきつめ。見捨てなかったのは、エイブラハム、グレン、ユージーン、キャロル。見捨てたのは、ニコラス。そして神父ゲイブリエルよ、あなたは何がしたいのだ!!!神父さんを助けてきたのはリックたちでしょ?!確かに、街の人々とは全然違うから、衝突はあるかもしれないけど、なんでそんな考えになったかな?(-_-メ)

この回はHuluで視聴しました。

第14話「見捨てない」あらすじ

町ではそれぞれに仕事が与えられ、持ち前の能力を発揮し始めていた。ダリルはアーロンと共にスカウトに、グレン、ノア、タラは物資調達だ。今回は停電した町の電力復旧に必要な器機を入手するため、嫌がるユージーンとエイデン、ニコラスと共にある倉庫へ行く。内部は安全に思えたが、突然ウォーカーに襲われエイデンはパニックに陥る。一方、町ではキャロルがサムの訪問を受け、ゲイブリエルはひとりディアナを訪ねていた。

FOX インターナショナル・チャンネルズより

ネタバレ感想

ダリルはアーロンと共にスカウトへ。ユージーン、ノア、タラ、グレンは、ディアナの息子エイデンとニコラスと共に、電力問題解決のための物資調達に出る。そこで、エイデンとノアを失い、タラは負傷。エイブラハムは巨大モールで資材集め中、ウォーカーに襲われた仲間を助け、指揮官に就任。ジェシーとサムがピートに虐待を受けているとキャロルがリックに注進。神父ゲイブリエルは統括者ディアナにリックたちは悪魔だと警告する。

信者を見捨てた神父よ...あなたは一体何がしたいのだ

冒頭、神父ゲイブリエルは、街の教会へ行き、聖書を修繕。その際、イチゴとともに置かれた神父さんへの歓迎メッセージを読み、聖書を破き始めます。
そして、最後、神父ゲイブリエルはディアナのお宅へ。そこで、リックたちは悪魔だ、善人ではない、いつか自分たちの命を優先させ、ここのすべてを破壊する、理想郷に住む資格はない、とディアナに語ります。裏でマギーが聞いているんだけど。

ていうかさ、神父さん、あなた何したいの?
神父さんの中で何が起こっているの?
さっぱり理解できないわ!!

そりゃ、リックたちは天使なんかじゃない。人間だよ。
「彼らの行いは言葉にするのもはばかられる」て、神父さん、信者見捨てたじゃん。
神父さんのしたこともタイガイだと思うわ。

もうやっぱり、この人、壊れてるんじゃないか、と思う、本当。
本当、意味不明。

んー。。。
まぁ、でも、神父さんの言い分もわかるっちゃーわかる。

アレクサンドリアの街の人々とは全然違うしね、今まで、いろんなところを壊滅させてきたしね、獣っぽいちゃー獣っぽい。
自分の手でウォーカーも人間も殺してきていない人にとっては、怯えの対象だと思うわ。
教会での終着駅から追ってきたギャレス達を惨殺するシーンは、ちょっと、見ていてやりすぎだもの。

わかるっちゃーわかる。

関連記事:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド5の神父ゲイブリエル:その行動と感想まとめ

傷ついたタラを見捨てない!その思いがユージーンを変える

さてさて、自分は科学者だと偽り、ワシントンDCへエイブラハムや一行を向かわせた、ユージーン。
今回、男を見せました!
物資調達現場で、タラと見回りしている際は、「自分は役目を果たした。アレクサンドリアにたどり着けたのは自分のおかげ」などとのたまい、タラに腰抜けと言われ、「そう言っている。自分は腰抜けなんだ」と言っておりましたが、エイデンが手榴弾を爆発させてしまってタラが怪我しちゃったら、男になったね!!

「私がタラを守る。」

エイデンを助けに行った皆とは別に、タラをかつぎ、ウォーカーを慣れぬ手で銃撃しながら、トラックへ運び、グレンやノアの危機にトラックでウォーカーをおびき寄せるって作戦を決行。
一人トラックに戻ってきて、「俺と帰るか、ここで死ぬか選べ。」というニコラスともみあいに。

いやー!よかった!
弱いまま、口先だけのまま、でなく、人を守る行動を起こせて、一安心です。
今後、他の人からの信用も取り戻せるでしょう。

誰も見捨てられないグレンの努力むなしく、ノアを失う

ノアはね、ディアの夫で建築学教授のレジから、建築学を学び始めたばっかだったのよ。

物資調達現場で、グレンが周りに気をつけよう、って言って見回りして、倉庫内でも冷静に仕切って、この前喧嘩したばっかのエイデンもそれに従ってね、ユージーンが機材を見つけてね、うまくいきそうだったんわ。

それが、パニックになったエイデンが、武装したウォーカーを撃ったときに手榴弾が爆発しちゃって、エイデンが串刺しに><
タラは怪我しちゃうし、金網破れてウォーカーが倉庫内にいっぱい入ってくるしで、一気に大変!

でも、エイデン、生きてたんだわ。
グレンとノアとニコラスで串刺し状態のエイデン助けようとするんだけど、ニコラス、びびって逃げちゃう。
「俺たちは彼らを置き去りにした。そういう人間だ。許してくれ」ってエイデンに耳打ちしてね。
で、エイデン、グレンに「俺たちなんだ。パニックに陥り、戦略に従わなかった。もういい」と告白して、グレン達を逃し、食われちゃいます。

で、びびったニコラスはウォーカーがいっぱいいる正面玄関の方に逃げちゃうの。
グレンが周囲を確認して正面玄関はだめだな、って言ってたのにね。

グレンとノアもさ、ニコラスを放っておけないから追いかけるわけ。
いやいや、もう、そこは放っておきなよ。って思うんだけど、タイトルどおり「見捨てない」わけ。

正面玄関は回転扉になってんだけど、そこにニコラス、グレンとノアが、それぞれ入って立ち往生しちゃうの。
玄関外にもウォーカー、建物内にもウォーカー。にっちもさっちもいかないわけよ。

そこへ、ユージーンがトラックで来て、外のウォーカー引き寄せてくれるんだわ!
いやー助かったー外に逃げれますわ!
でもまぁ、回転扉だから、どっちかが出れると、どっちかが建物内のウォーカーに襲われちゃうっていう状況には変わりないのよ。
グレンは頭まわるから、「ガラスを割って、俺が外へ出て、ライフルもって助けに戻る」って計画するんだけど、ニコラスは計画を無視して、無理やり外へ一人でちゃうんだわ。

そうなったらグレンとノアのいる扉が内側に回っちゃうじゃない?
そうなったらウォーカーに襲われるじゃない?

まぁ、ノアが引きずられていくんっすわ。

ガラス越しにそれを見ているしかないグレン。
全く動けず。

グレンの言葉を思い出すね、「みんな一緒じゃなきゃ乗り切れない」って。

そのあと、車奪って一人逃げ帰ろうとするニコラスをぶん殴って、んー...
置いていくかと思いきや、ニコラスも連れて帰るんだよねぇ...

リックやキャロルなら置いてけぼりにしてたよなぁ。
見捨てた方がいい場合もあるんじゃないか、て思ったりもするけど、まぁ、それがグレンのいいところだわ!

鬼婆っぷりに負けずに寄ってくるサムを、キャロルは見捨てなかった

ジェシーのふくろうの像が壊されて、リックは捜査。
なんかのん気な事件だな、て思うよね。
割れ窓理論(窓を守れば社会全体を守れる)ってことらしいけど、本当にそれだけが理由で捜査するの?って邪推しちゃいますわ。まぁ、それは置いておこう。

で、そのふくろうの像を壊したのは、息子のサムなんですわ。

キャロルにクッキーつくってーってきて、めっちゃ冷たくあしらわれても、あきらめず、キャロルの元へ来るサム。
クッキーつくっている間もキャロルは冷たくつきはなすんだけど、しゃべりかけるサム。
「僕は悲しい時ものをこわす」って言うサムに「ふくろう壊したの?」てキャロルが聞くと、うなずくんですわ。

そこで、キャロル、クッキーが欲しいんじゃないな、て気づいたんでしょうな。「なぜここへ?」って。
逆に「どうして銃を?」と返すサム。

「僕も欲しい」というサムに、キャロルが「必要なのか?」と聞くと「僕じゃなくて...」
「誰のため?誰を守るの?」というキャロルの問いには答えず、走り去る!!

様子がおかしいと思ったキャロルは医者ピートの家へ。
ピートは酔っ払っているみたい。(リックの家へ酒を持って訪ねてきたばっかりだったし)

まぁ...夫エドから虐待されてたキャロルは気付きますわな。
リックにふくろうの犯人とピートたちのことを告げるんですわ。
冷たくあしらう素振りを見せながらも、SOSを発信しているサムを見捨てないキャロル。
サムが虐待から救われそうな予感がして、安心します(*^_^*)

「ピートの運命は決まった。彼を殺すのよ」

∑(゚Д゚)

いやいや、殺すのはちょっと過激すぎっすよ!!!
なんか、離婚するとかあるじゃん!!

リック、ジェシーのこと好きっぽいし、ピート殺すとか、本当にやっちゃいそうだし、そんなこと言っちゃだめだよー!

エイブラハム、一人、女性を見捨てず、そして起つ!

パーティー会場でのポロシャツ姿がすっかり日曜日のお父さんだった、エイブラハム。

今回は、大人連中で巨大モールに資材調達に向かいます。
資材調達・壁の建設にはとっても時間がかかっている様子。時間がかかっても仕方ない、みたいな感じで作業する人たち。

で、そこにウォーカー(ローマー)出現して、女性が作業用トラクターから転落。
みんな見捨てて逃げようとするんだけど、エイブラハムは一人救出に向かい、女性と共闘。陰から見ていた他の大人達もようやく援護に。
ウォーカー殲滅後に、「いつも仲間を見殺しにするのか?」と責任者に詰め寄り、作業を中止して戻ろうとする大人たちにストップをかけ、その場を仕切り出します。

「壁を立てるぞ」

今までの責任者は、エイブラハムに指揮官を譲りたいとディアナに申し出、指揮官交代。「俺より優秀」と。

もうね!エイブラハム、かっこいいわ!惚れるわ!
仕切って仕切ってー!

次回へ向けて

今後、神父さんの言葉を聞いて、息子が死んだディアナが、リック達にどう対応するのか、怖いっすね。
エイブラハムに指揮官交代した際に、ディアナが補佐のマギーに漏らした言葉、「仲間に権限が渡り、あなたが保証する。その繰り返し」が何を物語るのか...
リックがピートに何をするか不安だし...
不安いっぱいのまま、次回へ続く!

ウォーキングデッド シーズン5配信中の配信サービス



-ウォーキング・デッド シーズン5