ゾンビマニアクラブ

ゾンビ系を中心に、様々なドラマや映画のレビューを書いていきます

[映画感想] ハウス・オブ・ザ・デッド

2015/11/03

総評

25点。「ハウス」とタイトルにあるけれど、屋外シーンがほとんどです。島内での乱闘がメインです。ゲーム「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」の原因になった事件を描いたのかしら?
夫は「カウボーイ&ゾンビ」の方が面白かったというけれど、私はハウスオブザデッドの方が面白かったです。ゾンビ映画特有のグロい表現はほとんどありません。

作品情報

「ハウス・オブ・ザ・デッド」は、2003年にアメリカで製作されたサバイバル・アクション・ホラー映画です。アーケードゲーム「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」を原作としています。

以下ネタバレ注意です

あらすじ

若者のパーティーでにぎわう孤島。しかしそこは地元では”死の島”と呼ばれていた。パティーに遅れて参加したアリシアたちは、会場に誰もいない事に不審をいだく。そんな彼らに突如ゾンビの群れが襲いかかった!アリシアたちは生き残るため、銃器を密輸しているカーク船長の武器を手にゾンビたちに戦いを挑む!しかし次第に追いつめられるアリシアたちは、とある古い屋敷に逃げ込んだ。そこで彼らは、ゾンビたちの恐るべき秘密を知る!一方屋敷は徐々にゾンビたちに包囲されていく。はたして彼らは切り抜ける事が出来るのか!?

日活より

※上記あらすじに「パティー」とありますが、原文のまま引用しています

ゾンビの特徴

  • 生きている人間を襲う
  • 走る
  • 泳ぐ
  • 武器を使う

ゾンビの発生理由とゾンビパニック終結の可能性

昔、不死を研究していた神父が島に流されて、死人を蘇らせることに成功。自分自身も死人の体を使ってずっと生きています。
主人公達がゾンビを全滅させて島でのパニックは終結したけど、主人公自身が恋人を蘇らせて島から連れ出しちゃったので、おそらく、どこかでまた、ゾンビパニックが発生するのでしょう。

ネタバレ感想

なぜタイトルに「ハウス」が入るのか?

映画を観る前はゲームが原作と知りませんでした。
なので、タイトルに「ハウス」とあるのに、Huluの紹介文では「島でのパーティー」ってあったから、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」のような「孤島の洋館」を舞台にした話かな?と思ってワクワクしていました。
ですが、パーティーは野外パーティーでほとんど屋外シーン。
「ハウス」じゃなくて「アイランド」や「パーティー」の方が内容とあっているんじゃないかなぁ。とタイトルに疑問を持ちながら、観ておりました。

ノリノリの曲で始まるオープニングに挟まれるデジタルイラストのゾンビには照準がついているのを観て、「なんでゾンビに照準がついてるの?」という疑問を持ち、野外パーティーの舞台上にはある「SEGA」のロゴマークを見て「SEGA主催のパーティー???若者のダンスパーティーにSEGAってあまりにも不似合いじゃないか?客層違うんじゃないか。」と思っていました。

その後、ゾンビたちと戦うシーンで実際のゲーム画面がちょくちょく挟まれて、一緒に観ていた夫が「ゲームが原作」と教えてくれて、ようやく、「ゲーム」を元にしていることを知りました。
「『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』というゲームを原作にしているから、屋外シーンばかりなのに『ハウス』なのね。」とタイトルの意味をようやく理解しました。

でも、タイトルの意味は理解したもののやはり、「アイランド・オブ・ザ・デッド -before HOD-」とか「パーティー・ウィズ・ザ・デッド -before HOD-」じゃダメだったのかなぁ、と、タイトルと内容の差に不満が残っています。

船長がかっこいい!!レインコート着た船員さん、かわいそう。

パーティー会場に行く船に乗り遅れた若者たちが、船をチャーターしてパーティーに遅れて着きます。
船長と船員は、船にある密輸品を島に隠して若者たちの帰りを船で待つんだけど、船員さんは、島に密輸品を隠している間にゾンビに襲われてしまいます><かわいそう><
そうこうしているうちにゾンビが泳いで船に上がってきちゃいます。船長は凄腕!葉巻吸いながら、船に上がってくるゾンビをバンバンピストルで撃ちます。すごい!かっこいい!(密輸犯だけど)

船を降りて、パーティーから逃げてきた若者たちと船長を追っていた警察と合流して、密輸品の銃をみんなで手に持ち、ゾンビと大乱闘を広げます。
船長がゾンビとの激戦の末、足を怪我して屋敷で横になっていると、ゾンビになった船員さんが屋敷の外にいるのが見えて、外に行って、船員さんにトドメをさして、自分もゾンビたちと爆死。

船員さん、本当、巻き込まれてかわいそう。「あの島には行きたくない!」って言ってたのに・・・

ド派手な銃撃戦!!

密輸品の銃がいっぱいあったので、襲いかかってくるゾンビもなんのその!ド派手な銃撃戦があります!
アメリカ国旗柄のボディスーツに身を包んだアジア系女性は銃じゃなく、カンフーなのかよくわかんないけど回し蹴りしたりしていました。(ゲームにもそういう娘が出るのかな?)

観た人は誰もがそう思うだろうけど、なぜか、「マトリックス」風の演出が入るのです。
銃を撃っている主人公たちを360度スローモーションで映すという映像・・・それも何周も・・・
主人公たちが屋敷に逃げ込もうとして、取り囲まれちゃっている状況で、その場から動かずにゾンビを倒さないといけないから、動きを出すためにそういう映像にしたのかなぁ・・・?
観ている私としては「あ!マトリックスだ!」ってそっちに頭いっちゃうから覚めちゃうんだけどなぁ・・・

それと、銃撃戦ではゲーム画面がいっぱい挿入されます。
他の方のレビューを観ていると不評ですが、私はありだな!と思っていました。
「ここからゲームにつながっていくんだよ!」ていう感が出ていて、ゲームにも興味が湧きました^^b
家庭用を買って遊ぶことはないと思うんだけど、もし、ゲーセンなんかで見かけたらやってみようかなーって思います。

ラスト

銃撃戦の後、ようやく、「ハウス」に入ります!
屋敷内で、実験室を発見したり、神父さん(ゾンビのボス)に襲われたり(ヒロインの体を新しい自分の体にしようとしている)、と色々あって2人だけ生き残って、ヒロインが神父さんをやっつけて、死んで、ヒーローの医大生がヒロインをゾンビ化して、警察のヘリが来て2人が脱出っていう終わり方です。

で、終わってみると、

ゾンビがなぜ人々を襲っていたのかがよくわからなかったです。
ゾンビ達は神父さんの指示で動いているような気がするんだけど、神父さんの目的が新しい肉体がであれば、感染しちゃったらまずいんじゃないかなぁ??ゾンビを増やしたかったのかなぁ???
パーティーの主催者は誰なんだろう?神父さんが招き入れたのかなぁ?たまたまパーティー会場がゾンビ島だっただけなのかなぁ?
ゾンビ泳げるし、島から出て、そこで新しい肉体手に入れたらいいのに、島から出たくはなかったのかなぁ???とか、色々疑問が湧いてきました。

次観る機会があれば、そこら辺の疑問点を解消したいです。

豆知識

ゲーム「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」シリーズは、アーケードゲームが発祥ですが、WiiやPS3、Xboxでも遊べます!
映画のレビューは評価低いけれど、ゲームのレビューは高評価ですね!
Amazonでザ・ハウス・オブ・ザ・デッドのゲームソフトを見る

ハウス・オブ・ザ・デッドの視聴方法一覧

-アクションゾンビ映画, ゾンビ映画, 走るゾンビ系