ゾンビマニアクラブ

ゾンビ系を中心に、様々なドラマや映画のレビューを書いていきます

[海外ドラマ] ウォーキング・デッド<シーズン6>あらすじ

2016/09/20

現在、後半部分編集中です。

main

ウォーキング・デッド シーズン7が始まる前のおさらい用に、ウォーキング・デッド シーズン6のあらすじを書き留めておきます。
ネタバレが大いに含まれます。

シーズン1からシーズン5のあらすじはこちらの記事をご覧ください。
シーズン5:[海外ドラマ]ウォーキングデッドシーズン5のあらすじ
シーズン1から4:[海外ドラマ]ウォーキングデッドシーズン1〜4のあらすじ

第1話「導かれし屍たち」

原題は「First Time Again」

リックとモーガンが、ピートの遺体を街の外へ埋葬しに行くと、谷底にウォーカーの大群がいるのを見つける。
かつてキャンプがあった地で、今にもバリケードとなっているトラックを押しのけて、谷底からあがってきそうな状態。
リックは、街の人々に働きかけ、谷底のウォーカーを街とは別方向へ大移動させる作戦を立てる。
作戦が成功したように思ったとき、アレクサンドリアの方角からクラクションが鳴り響き、ウォーカーの隊列が道をそれ、アレクサンドリアへ向かい出す。

感想:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン6>第1話「導かれし屍たち」

第2話「不意打ち」

原題は「JSS」

アレクサンドリアで待つ人々の元へ、額にWと書いた人達(狼達)が襲撃。
街に残っていたものたちで応戦。たくさんの犠牲は出たものの、作戦から離れ戻ってきたモーガンと、キャロルやアーロン達によって、Wの人達を殲滅。モーガンは少人数見逃す。
ピートの息子ロンはカールとギクシャクし、カールと仲良くなりつつあったイーニッドは、街の襲撃後、姿を消す。

感想:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン6>第2話「不意打ち」

第3話「逃げ場のない道」

原題は「Thank You」

隊列を離れてしまった半数以上のウォーカーを元に戻すため、リックは単身、キャンピングカーへ向かう。
グレンとミショーンは残りの住民たちとアレクサンドリアへ向かう。グレンとニコラスが、集まってきたウォーカーを別の場所に誘導するため、倉庫に火をつけようとするが、倉庫は燃え落ちたあと。ウォーカーに囲まれ、ニコラスが銃で自殺し、グレンが巻き込まれる。
ミショーン、町の住人ヒースとその仲間スコットの3人のみがアレクサンドリアに着く。
キャンピングカーにたどり着いたリックに、アレクサンドリアから戻ってきたWの残党が襲いかかるも返り討ちにする。

感想:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン6>第3話「逃げ場のない道」

第4話「師の教え」

原題は「Here’s Not Here」

アレクサンドリアを襲った額にWの文字が彫られた男にモーガンが語る、モーガンの「最後の一滴」。
息子デュエインが死に、リックと再会するも別れ、一人駆除を続けていたモーガン。2人組の男たちを殺したあと、小屋とヤギを見つけ、ヤギを奪おうとするも、元司法精神医学者イーストマンに返り討ちにあう。殺してくれと嘆くモーガンをイーストマンは受け入れ、そのうちモーガンは心を開き、イーストマンに合気道を習う。
二人で旅立つため、駆除をしていた現場に荷物を取りに行くと、殺した2人組のうち一人がウォーカーとなって襲い掛かってきて、イーストマンがかばい噛まれてしまう。
イーストマンはウォーカーとなった人の墓を掘るため墓場へ戻り、モーガンは今度は通りがかったカップルを助ける。イーストマンはかつて家族を殺した受刑者を小屋で餓死させていたことをモーガンは知る。イーストマンが死に、モーガンが旅立つ。
モーガンが語り終わるとWの男はそれでも殺すと言い、モーガンは牢に鍵をかける。

感想:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン6>第4話「師の教え」

第5話「波打つ不安」

原題は「Now」

Wのグループの襲撃のため、ウォーカーの半数にアレクサンドリアを囲まれてしまう。
(リックやミショーンたちはアレクサンドリアに戻り、ダリルたちはまだ半数のウォーカーを誘導中)
リーダーのディアナは途方にくれ、アレクサンドリアの住人は動揺を隠せず食料庫から食料を勝手に持ち出そうとするものも。
一方、女医デニスはタラの励ましもあり、アレクサンドリアの医者として治療を続け、ジェシーの息子ロンはリックに銃を習いたいと申し出る。
グレンを探しに下水道へ潜ったマギーとアーロンは途中でウォーカーの多さを見て引き返すが、その中でマギーは自身の妊娠を明かす。

感想:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン6>第5話「波打つ不安」

第6話「迷いの森」

原題は「Always Accountable」

ウォーカーの大群を誘導していたダリル、サシャ、エイブラハムの3人。
途中、何者かに銃撃され、ダリルが二人の車からはぐれてしまう。
サシャとエイブラハムは、ダリルが二人を追跡し見つけられるよう、近くの町で待機することに。
ダリルは、逃げ込んだ森で若い女性2人と男性1人に拉致され、別グループとのいざこざに巻き込まれる。スカウトに失敗し、バイクも奪われるが、彼らが隠してあったトラックを見つけ、サシャとエイブラハムの潜む町へ着き、合流する。

感想:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン6>第6話「迷いの森」

第7話「生かされる命」

原題は「Heads Up」

生き延びていたグレンとイーニッドが合流。
一方、アレクサンドリアでは、新たな襲撃に備え壁を補強し、各々訓練を始める。
リックはモーガンが逃がした"ウルフ"に襲われたことを知り、モーガンを問いただし、ミショーンとタラはリックに対し、町のものたちを助け、共に生きるべきだと諭す。
グレンとイーニッドは、風船を飛ばすことでアレクサンドリアへ生存していることを伝える。

感想:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン6>第7話「生かされる命」

第8話「雪崩」

原題は「Start to Finish」

監視塔が倒れアレクサンドリアにウォーカーの群れが入ってしまう。
混乱し、各自が家に避難する中、Wの文字の男が女医デニスを人質に牢から出て行く。
ディアナがウォーカーに噛まれ、リック一家、ミショーン、ジェシー一家と共に家に立てこもるが、ジェシーの息子ロンがカールを撃とうとし、家も安全ではなくなり外へ逃げることに。
ディアナは最後の銃弾を自分に使わず、家に入り込んだウォーカーに使う。

感想:[海外ドラマ感想] ウォーキング・デッド<シーズン6>第8話「雪崩」


おすすめのゾンビ系映画を紹介しています。

ゾンビ系海外ドラマの概要と配信情報をまとめて紹介しています。

-ウォーキング・デッド シーズン6