ゾンビマニアクラブ

ゾンビ系を中心に、様々なドラマや映画のレビューを書いていきます

映画やテレビに登場するゾンビをまとめた動画を観てたら、ウォーキングデッドのこと考えてた話

「映画&TVにおける「ゾンビ」進化の歴史」というタイトルで「コタク・ジャパン」で、エリザ・ブレイさんが作成した動画が紹介していたので、そのゾンビの進化をまとめた動画を観てみました。

「最近、"ゾンビ映画年代記"を手に入れたばかりでとてもタイムリー!」と思って観ていたのですが、最終的にはウォーキング・デッドのことを考えていました。

その動画とウォーキング・デッドについて考えていたことを紹介します。

参考記事:映画&TVにおける「ゾンビ」進化の歴史 | コタク・ジャパン

The Evolution Of Zombies In Movies And TV

映画タイトルは英語です。ゾンビ映画は、邦題と原題が違うものが結構あるので、気になるものはググるといいかもしれません。

一例:

  • Army Of Darkness = 死霊のはらわたIII/キャプテン・スーパーマーケット
  • Resident Evil = バイオハザード
  • Fido = ゾンビーノ

この動画では「ゾンビ」にフォーカスをあて、「動いた状態でのゾンビたち」が観られます。映画やテレビに出てくるゾンビたちを次々に紹介してくれる動画で、楽しく視聴していたのですが、私が最も驚いたところは、「シンプソンズ」や「サウスパーク」などのアニメにもゾンビ回があるんだなーってところです。「ミッキーマウス!」にもゾンビ回があるので、あっても全然おかしくはないのですけれども。

「シンプソンズ」や「サウスパーク」は、実は名前と絵だけは知っていて、観たことがありません。どこかで観る機会があれば、観てみたいと思います。

ウォーキング・デッドが世に出ていなくても、「テレビ」のゾンビは紹介されていたかしら?

この動画は「映画とテレビのゾンビ」という括りなので、海外ドラマの「ウォーキング・デッド」や「Zネーション」、「ゾンビ・アット・ホーム(原題:In The Flesh)」も紹介されています。

「ウォーキング・デッド」のアトラクションが建設されるかもしれない、という話題があるくらい、人気ドラマなのは周知の事実だと思うのですが、この動画も「ウォーキング・デッド」が世に出なければ、「映画とテレビ」ではなく「映画」だけだったかもしれません。

もっと大げさに言っちゃうと、「ウォーキング・デッド」が人気出なかったら、「Zネーション」や「ゾンビ・アット・ホーム」は作られなかったかもしれません。

...いや、わかりませんけどね。

「ウォーキング・デッドがなくてもテレビに出てくるゾンビも紹介したわ」と動画制作者さんはいうかもしれませんし、「Zネーション」や「ゾンビ・アット・ホーム」も制作されていて、そちらが逆に人気出ていたかもしれません。

しかし、少なくとも私は、「ウォーキング・デッド」が世に出ていない状態で「Zネーション」や「ゾンビ・アット・ホーム」が作られたとして、それらのドラマを観たかどうか自信を持てません。

海外ドラマ「LOST」も途中で挫折していますし、日本の大人気テレビドラマ「半沢直樹」も観ていないくらい、ドラマとは縁遠くなっていましたので、「Zネーション」や「ゾンビ・アット・ホーム」という「ゾンビドラマ」に見向きもしなかった可能性が大きいと自己分析しています。

そうそう。「ウォーキング・デッド」は「ゾンビ映画」という括りである「ゾンビ映画年代記」でも大きく紹介されています。
ぜひ、そちらもご覧ください。

関連記事:[ゾンビ関連本レビュー] ゾンビ映画年代記:アート本としても、ゾンビ映画の歴史本としても素敵!

-ゾンビよもやま話, ゾンビ映画