ゾンビマニアクラブ

ゾンビ系を中心に、様々なドラマや映画のレビューを書いていきます

鶴瓶・岩倉具視が動き出す!西郷どん30話「怪人 岩倉具視」ネタバレ無しの感想

みなさん、今回の西郷どんはもう見られましたか?

緊迫したシーンは少なかったものの、なかなか見どころが多い放送でしたね!

この記事では今回もネタバレほぼ無しで、観た人と一緒に感想を話し合うような感じで書いていきたいと思います!

今回のポイントはなんと言っても笑福亭鶴瓶演じる岩倉具視の登場でしょう。

幕末の超重要人物で、明治維新後は政府の首脳として活躍します。解説しだすとまとまりがつかないので割愛しますが、とにかく維新はこの人なしにはなし得なかったでしょう。

そんな岩倉具視を中心に展開された、第30話「怪人 岩倉具視」ですが、気になったポイントはこちら。

  • 岩倉(鶴瓶)と薩摩藩の関係は?
  • 桂小五郎(玉山鉄二)の現在の境遇は?
  • 薩長同盟が語られだしているのに、竜馬(小栗旬)が出てこない
  • 慶喜(松田翔太)は愚将?評価を調べてみた

それでは今回もお付き合いください!

公式サイトのあらすじ

京に戻った吉之助(鈴木亮平)は一蔵(瑛太)とともに朝廷工作の切り札として岩倉具視(笑福亭鶴瓶)を訪ねる。岩倉は下級の公家ながら、かつて孝明天皇の妹・和宮と将軍徳川家茂の縁談をまとめたすご腕。しかし今は朝廷から追放され貧しいちっ居生活を送っていた。生気を失い会えば金の無心。どうも当てにならない。そんなとき桂小五郎(玉山鉄二)と岩倉の家で再会。薩摩は裏切りモノと憤る桂に一蔵も激怒。一触即発の事態となる。

岩倉(鶴瓶)と薩摩藩の関係は?

さて最初に気になったのはこれ。

この時点での、岩倉具視と薩摩藩の関係です。

既に大久保一蔵(瑛太)は岩倉具視と面識があり、何度か煮え湯を飲まされてきたことが伺われますし、薩摩から岩倉に資金が提供されている描写もありました。

失脚前は下級公家の身分ながら天皇近習として、大きな政治的影響力を持っていた岩倉のもとには、1864年の禁門の変以降朝廷や薩摩藩士らが訪れていたようです。

その後政治活動を再開した岩倉は、公武合体派から倒幕派へと身を転じていくのです。

それまでは、「外様雄藩と組んで幕府と対決してはいけない」という立場だったのが、失脚後の蟄居時代に薩摩などと通じ、倒幕へ向かっていくということで、時代に合わせて自身の考えを柔軟に変える考え方の持ち主だったことが伺えますね。

薩摩と岩倉の関係についてはかなり脚色があるのでしょうが、大きな流れとしてはこのタイミングで薩摩と岩倉が手を組んだ、と捉えてよさそうです。

桂小五郎(玉山鉄二)の現在の境遇は?

さてそんな中、岩倉が開帳していた賭場に、桂小五郎が登場します。

あんな頬かむりをしていたらすぐに気づきそうなものですが、ギャンブルに熱くなっちゃった西郷(鈴木亮平)と一蔵は、しばらく気が付きません。

このときの桂の境遇はどんなものだったのでしょうか。

桂小五郎は、禁門の変を経て朝敵となったのですが、その間も京都の情勢を探るために京都の街に潜伏していました。

その間の桂を支えたのは、後に桂小五郎の正妻となる、芸子・幾松(木戸松子)です。

その後京都を脱出し、但馬国にて潜伏生活に入ります。

西郷どんに登場する桂は、この禁門の変前後の京都での潜伏生活期となりますね。

その後長州ではクーデターが勃発し政変が起こります。そしてようやく桂は長州に統率者として迎えられるのです。

おそらく今後は桂の登場が増えていくでしょう。

西郷・大久保と並ぶ、維新三傑の1人ですから主役級の活躍をしていくものと思われます。

今後が楽しみですね。

薩長同盟が語られだしているのに、竜馬(小栗旬)が出てこない

薩摩と長州が何度も何度も接触してく中、西郷の口からも「長州と手を組み幕府を倒す」という言葉が出てきます。

また、岩倉具視も同じように薩長による倒幕を語ります。

しかし世間はまだまだ薩長は天敵だと考えている時代。

桂も「薩賊」と侮蔑の言葉をかけるほどの犬猿の仲です。

一般には薩長同盟は坂本龍馬の功績、といったことが語られますが、どうなのでしょうか。

竜馬の英雄化は色々なところで語られていることで、実は大きな実績はないとか、司馬遼太郎の名作「竜馬がゆく」によるイメージが定着しているなどという議論があります。

どうも明治維新後、薩長に比べて土佐藩が窓際に置かれていて、そのイメージを払拭するために「維新土佐勤王史」という本を出したようで、その影響から竜馬が英雄として描かれていったようなのです。

ただ、海援隊をつくったり、勝海舟の手伝いをしていたのは事実なので、何らかの影響力はあったのかも知れません。

しかし実際は、近年根付いている竜馬のイメージとはちょっと違うものがあるのでしょう。

あくまで大河ドラマは史実を元にしたフィクション。

竜馬の存在をどのように描いていくのかも、非常に楽しみですよね。

慶喜(松田翔太)は愚将?評価を調べてみた

さてそんな薩長土(薩摩・長州・土佐)の志士の刃の矛先である徳川幕府。

その幕府の重要人物である一橋慶喜。

以前は気さくな江戸っ子の若旦那、といった風だったのに、最近では若干サイコパス気味になって明らかにヒールの役回りを演じています。

この一橋慶喜、一体どんな人物だったのでしょうか。

資料を観てみます。

まず井伊直弼による安政の大獄で謹慎処分を受けた慶喜は、直弼が桜田門外の変で暗殺されると謹慎を解かれ、「将軍後見職」に就任します。

鳥羽伏見の戦いで大阪城から逃げ帰ったり、江戸城を無血開城したりして無能扱いされることが多い慶喜ですが、そもそも「将軍職に興味はない」と言っています。

正直全然乗り気じゃなかったのに、なんだか時代の流れと血筋によって祭り上げられ、仕方なく取り組んでいたというような感じなのでしょう。

そりゃーあっさり大政奉還とか、無血開城とかしますよね笑

維新後は政治の世界からは身を引き、徳川家縁の地・静岡で過ごします。ここでは趣味に没頭していたようですね。

その後は貴族院の議員として政治に関与しますが、再度隠居。そして77歳で永眠。

77歳は徳川家歴代将軍の中でもっとも長寿でした。

ちょっと憎めない感じしますよね。ギラギラしてないっていうか。

だから西郷どんでの描かれ方も、そんな方向に持っていくんじゃないかな?と予想しています。

次回 第31回「竜馬との約束」公式サイト掲載のあらすじ

慶喜(松田翔太)が再び長州征伐を断行しようとする中、吉之助(鈴木亮平)は坂本龍馬(小栗旬)を薩摩に連れて帰る。龍馬は雨漏りする西郷家に驚き清貧を貫く吉之助にほれ直す。すでに幕府を見限った吉之助は、長州は朝敵ではなく倒幕のために共闘すべき相手だと考え始めていた。そんな吉之助に龍馬は「自分なら両藩の手を結ばせることができる」と早速、桂小五郎(玉山鉄二)に接触する。

西郷どんの目線(公式)

龍馬さぁが西郷家にやってきます!
史実として伝わる「雨もり」のシーンもあり、そのエピソードでいっそう龍馬さぁがおもしろい人間だと吉之助は思うんですよね。
とはいえ、お互いの立場が違いますから、決してただの友達とはならないけれど、どこか緊張感がありながらも人間的にひかれあっていく……。
僕はふと、橋本左内さんを思い出しました。龍馬さぁと一緒にいる時間がもっともっと長ければ、左内さんのようにバディーの関係になったかもしれないですよね。
そして、西郷家といえば、吉之助の嫁になってくれた糸どんとの再会も……!ちょっと気恥ずかしい夫婦としての会話の中で、初めて糸どんの気持ちを知るシーンがあります。
ただの幼なじみではなく、形としての夫婦でもなく、気持ちがガッと動く瞬間を目撃していただきたいです。

-大河ドラマ, 西郷どん